ヨーロッパ周遊記
  ガイドページ 気候について 食事について

 

 

「イギリスと言えばサンドイッチ」

サンドイッチと言えばイギリスが有名ですが、なぜ有名になったかご存知ですか?

有名な話というか、逸話があるのですが、
18世紀中頃に4代目サンドイッチ伯爵(ジョン・モンタギュー)という人がいたのです。

この伯爵はとてもギャンブルが大好きで、ギャンブルに夢中になるあまり、
食事をとる手間が面倒になってしまいました。(手を止めたくなかったそうです。)

その億劫な食事を、何とか手軽に食べることが出来ないのか?と言う事で、
メイドにスライスしたパンの間にお肉を挟んで持ってくるように言ったそうなんです。

それから、世間で注目を浴びて、
スライスしたパンにお肉を挟んだものを「サンドイッチ」と呼ぶようになったそうです。。

もともと、サンドイッチ伯爵は、一代目ポーツマス伯爵という名前になる予定だったそうなんです。

だから、今普通に食卓に並んでいるサンドイッチは、
「ひょっとしたらポーツマスという名前になっていたかも知れない。」
と考えると、ちょっと面白いですよね。

サンドイッチ伯爵の逸話も去ることながら、
本物のサンドイッチの種類が豊富なことでもイギリスは有名です。

一番代表的な具としては、エッグマヨネーズとカイワレ大根の芽のサンドイッチです。
ほとんどのスーパーなどで取り扱われているスタンダードなものです。

その他にも、ローストビーフやチーズ、サーモン、ベーコンなど、
冷たいサンドイッチから、パニーニのようなホットサンドまで、バラエティに富んでいます。

サンドイッチ画像