ヨーロッパ周遊記
  ガイドページ 気候について 食事について

 

 

「凱旋門」

凱旋門は、パリの象徴的な建造物のひとつと言えます。

凱旋門

高さ50m、幅45mで、壁面にリュードが制作した義勇兵の群像が浮彫されています。

凱旋門と言って思い出すのが、エトワール凱旋門と言っても過言でないと思います。
しかし、凱旋門自体「戦勝記念碑」と言う事をご存知でしょうか?

凱旋門はフランス語で、
「Arc de triomphe(アルク・ド・トリヨーンフ)」と発音します。
→直訳すると「戦勝のアーチ」で、戦勝記念碑になるという訳です。

凱旋門自体、エトワール凱旋門だけではなく、
カルーゼル門、サン・ドニ門、サン・マルタン門など、
パリだけでも、数多く存在しており、それらの凱旋門は全て、戦勝記念碑なのです。

エトワール凱旋門は、フランス・パリのシャンゼリゼ通り西端の
シャルル・ド・ゴール広場にあります。

この凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りから12本の通りが放射状に延びています。

その形を地図上で見ると、光り輝く「星」のように見えるため、
この広場は「星の広場(エトワール広場)」と呼ばれていました。
なお現在は、「シャルル・ド・ゴール広場 la place de Charles de Gaulle」と
名称が変更になっています。

エトワール凱旋門は、アウステルリッツの戦いに勝利した記念に
1806年、ナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まりました。

1836年、エトワール凱旋門は完成しましたが、
ナポレオンは凱旋門が完成する前に既に死んでしまっており、
(ナポレオンはセント・ヘレナ島へ流刑され、その島にて死去したため)
ナポレオンが凱旋門をくぐったのは、1840年にパリに改葬された時でした。

エトワール凱旋門の下には、祖国のために命をささげた人々のお墓があり、
1923年以後、凱旋門の下に記念の灯が灯っています。